日本一周野宿旅。北海道その7(北海道最終回)

前回の内容から間一日抜けてますw

 

その一日は大雨に振られながら道の駅に行っただけだったので写真もなしw

海岸の防波堤の影に風を避けてテント設営して就寝。

 

そして、またまた廃墟めぐりw

今度は中外鉱業上国鉱業所跡地へ!

 

早川という地区に向かいます。

向かってる最中も大雨orz

 

現地について少しすると雨が止んだのでそこからカメラを取り出してスタート。

656912938

早川地区です。

現在は無人となっているうえに地区の前を通る道が一部通行止めで通過もできないため他の車が来ることはまずありません。

この道も今に廃道状態になってしまうのでは?

DSC_3564

 

ここは炭鉱ではなくマンガンを採掘してたところなので炉が残ってます。

DSC_3568 DSC_3581

 

炉はかなり倒壊していて中身が丸見え。

内側はレンガで外からコンクリで覆っているみたい。

DSC_3585

 

ネットの情報だとここには小屋があったらしいが自分が言った時には既にクズ石で倒壊してました~

DSC_3589

 

炉から少し進むと右側に未舗装の道がうっすら見えるのでそこに行くと選別所跡があります。

その道を抜けると早川集落前の道と合流。

そのあたりには木造の学校跡があるという話だったが・・・

いくら探してもみつからない。

自分の背よりも高いヤブがあるだけなのでもう何年も前に取り壊されたみたい。

DSC_3593

 

小学校はないけれど電力のトランス台?だけは残ってたのでここに大型の建物があったのは間違いなさそう。

ちなみにこの地域は携帯(ドコモ)も圏外です。

北海道に入ってからも圏外になる地域はそこまでなかったのでやはりもう長いこと人が暮らしてはいないんでしょうね~

小学校の前の道を真っすぐ進みと右手に大きな溜池が見えてきます。

 

鉱山から溢れ出てくる水にマンガンが今でも多く含まれているためここで浄化してから川に流してるそうだ。

 

そして、その向かいっかわのゆるい坂を登ると坑口跡!

DSC_3597

 

水の処理のための櫓が目の前に建てられていて道を登ってきた段階ではわからなかったw

DSC_3620

 

暗くて中がよく見えないので隙間から手を突っ込んでフラッシュ撮影。

ブロック並べて鉱物が流れ出ないようにしてるのかな?

 

この坑口の前に更に上から水が流れてきてるのでそこを登ってみると

DSC_3604

 

もう一個ありました!

DSC_3610

 

こちらも撮影。

どうやら既に倒壊してるようだ。

 

DSC_3617

 

坑口の前の広場もきっと何かあった感じ。

今は倉庫らしきものが立ってるだけでした。

鉱山はここまで!

 

函館近くのキャンプ場まで移動。

 

DSC_3622

この日は三連休初日だったため無料のオートキャンプ場はこの有様。

サイトが残ってなかったのですみっこの芝生に設営して就寝。

 

翌朝は起きてすぐに函館へ!

っとその前にちょっと見たいところが。

 

ネットの情報を頼りに函館を通過してとある高校を目指す。

そして、そのグラウンド脇に・・・

DSC_3626

 

ありました!迷彩要塞。

旧日本軍の要塞跡が高校のグラウンド脇の民家の庭にありますw

現在は民家の物置になってるもよう

 

こっち側はこれ以上近づくと家の人に怒られるので裏に回ります。

DSC_3630

 

裏は未舗装路に面してこんな感じです!

道がまさしくここを目指して伸びてるんで当時の軍用道路の名残でしょうね。

DSC_3645 DSC_3633 DSC_3636

 

一周ぐるっと歩いて写真を数枚。

入り口はフェンスが固定されてました。

 

最初、これを見たときはすげーって思ったのが後々見慣れた風景になるとは思いもしなかったw

ちなみに裏側はこんな感じですw

DSC_3644

 

普通はなかなか見れないもののはずなのにここの学生にはごく普通の風景なんだろうなw

 

要塞のすぐ横にも草で埋もれた道があるの見逃しませんよ!

木を横に置いただけの簡単なゲートがあったけどちょいとまたいで通過。

その先には・・・

 

DSC_3650

何もなかったorz

多分何かがあったであろう巨大な平地が広がってました~

 

ちょっと気になってGoogleEarthで衛星写真を見たところ・・・

このすぐ近くの山に妙に細い道が蛇行してるみたいなので少し地区の道を内陸に向かって散策。

 

ダートに入ると林業用の管理道路が数箇所あるんだけどそこまで向かう道がちょっと変・・・

DSC_3652 DSC_3654

妙にがっちりした基礎がごろごろある。

これも迷彩要塞の関連施設の跡なのかな?

 

この先はバイクでの侵入は難しいので終了。

 

つづいて、帰路につくべく函館へ!

函館山ロープウェイに乗って山頂へ!

DSC_3658

 

久々に普通な観光!

DSC_3661

 

函館湾が見渡せます!

 

ここからハイキングコースがあるんでちょっと散歩しながら下山しよう!

腰痛持ちのためとにかく歩くのが嫌い&遅い自分がなぜハイキングコースかと言うと・・・

コレが目当て!

DSC_3662

 

函館要塞!

結局廃墟でしたw

あんま知られてないみたいですけどちゃんと観光できる要塞跡があるんですよ!

DSC_3664

 

砲台跡(ベンチになってる)

DSC_3668

 

弾薬庫入り口(入れない)

DSC_3672

 

メインの砲台跡だけは手入れされてるけど他はかなりほったらかしでけっこう危険な感じw

山頂近くの砲台跡だけは公園化されているものの他の場所にも点在している施設後はまったくの放置で弾薬庫とかの中にも入れちゃいます。

DSC_3686

既に倒壊している箇所も

DSC_3683

 

またまたベンチにされちゃった砲台跡

DSC_3688

石造りの通路。

DSC_3692

これも砲台跡かな?

DSC_3694

 

観測所跡からの見晴らし。

DSC_3696

 

観測所跡

DSC_3698

 

真下はこんな感じになっていて上からの声が聞こえるようになってます。

ハイキングルートの休憩所から脇にそれる獣道のようなものを進むと大体がこんな感じの施設あとにたどり着きます。

ハイキングルートも妙に道幅のある石垣付きの道なんで元々の軍道をそのまま使ってるんでしょうね!

DSC_3707

休憩広場

この広場キャンプしちゃダメなのかな?w

DSC_3708

 

広場から続く道

DSC_3712 DSC_3710

 

またまた砲台跡

DSC_3714 DSC_3717

 

弾薬庫やなんかがいっぱい

DSC_3721 DSC_3719

 

中にも入れます。

DSC_3732 DSC_3737  DSC_3736DSC_3737

 

現在の灯台が要塞の上にたってますw

DSC_3740 DSC_3749 DSC_3757

 

弾薬庫の中はこんな感じ。

 

他にも大量に写真はあるけれど全部紹介したらきりがないのでここまでw

後ほどもっと保存状態のいい要塞後も報告しますんで!

 

このまま下山して夕方のフェリーで大間へ向かいました~

 

つづく。