日本一周野宿旅。北海道その5

 

 

 

久々に続きを書きます!

悪天候のためこの旅初の連泊に踏み切ったきりたっぷ岬

まぁこんな感じなので連泊上等って感じだったけどw

653285592

 

他にも連泊決め込んでたおじさんと急ぐ旅でもないからこんな感じでいいさ~とちょっと談話とかしてました。

ちなみに連泊中は何をしてるかというと

653496434 653541772

 

こんな感じに料理して飯食ったり

タブレットPCでネットサーフィンや写真整理等々。

インドアとアウトドアの見事な共存をしてます。

この日に本周の1を更新してますねw

 

そして翌日はとりあえず雨はやんだので移動再開。

きりたっぷ岬のすぐ近くのアゼチの岬へ。

653881649

 

やはりすごいきりで何も見えず。

 

その後は釧路へ。

久々の都会なのでとりあえず買い物。

前日の連泊で折りたたみのテーブルがあると便利だと思ったのでスポーツデポへ寄ってテーブルゲット!

 

その後は直ぐ近所のラーメン屋で昼食をとってから釧路湿原細岡展望台へ!

DSC_3249 DSC_3242 DSC_3247

 

天気が残念。

 

そして、本日の目的地へ!

 

連泊中にふと思い立ってネットで検索しました!

せっかく北海道に来たのだから…

鉱山を見たい!

ってことで

DSC_3251 DSC_3252

 

途中、ダイナミックな景色を拝めるフラットダートを軽快に走り抜けて。

DSC_3254

雄別炭鉱跡地に到着!

アスファルト舗装の道道を走っていると記念碑が見えてきます。

そして、最初に見えてくるのが

DSC_3290

 

雄別給油場跡

ここを過ぎるとゲートがあって砂利舗装に道になります。

ちょうど炭鉱近辺を写真撮影していたところに炭鉱出身者の方が居ていろいろ教えてくれましたw

なんでも雄別炭鉱をもっと知って貰いたいとの事で新聞のスクラップ記事や当時の写真を車に大量に積んでました。(あと、マナーの悪い廃墟散策者への対策という意味でも声をかけてるみたい)

 

本当はゲート脇に舗装の道があって昔の炭鉱の街の病院後や坑道の入口があるらしいですが廃墟探索に来た人たちが熊と遭遇する事が続いたとの事で現在はコンクリートのバリケードが作られていて道には入れません。

ただ、ダート側から四駆で無理やりそっち側に抜けた車の後は大量にありますがシーズン的にも熊シーズンの上に激しいヤブでバイクで突入するのはさすがに無理なので道から見える物だけです!

DSC_3257

 

道路脇にかかる橋。

トロッコ列車には小さすぎるので人道用かな?

坑道のある方向に川を渡るためのものみたい?

DSC_3258

 

道路脇に立つ巨大建造物。

小学校跡とのこと。

この小学校の他に舗装路の西側には中学校の建物が残っていてその建物は現在、民間企業が買い上げて工場としてモクモクと煙を上げてました。

DSC_3264 DSC_3260 DSC_3263

 

巨大な煙突。

DSC_3266

 

何かわからないけど建造物の跡。

DSC_3269

 

とろっこ列車の橋脚跡?

 

道道のダートはここまでで右側に進むと普通の舗装路の道道に出ます。

そして・・・正面は本気ダートの林道・・・

 

もちろん突入!

雄別林道って言うみたい?w

ガレ場のダートをしばらく登って行くと・・・

DSC_3272

 

道路脇に頑丈そうな橋がかかってます!

これもトロッコ列車なのかな?

 

その後もガンガンダートに突入しながら進むものの特になにもなし・・・

DSC_3276

 

途中、こんな滝があったりと景色を眺めながらダートを進むものの…

鬱蒼とした森になってきて自分の現在地もよくわからなくなって来たのでいい加減引き返そうかな?

と思ってた所で・・・何か見えた!?

DSC_3286

 

明らかに鉱山関係のものですw

坑口!?ではなく坑道の通風口みたい。

DSC_3284 DSC_3289 DSC_3278 DSC_3282

 

一箇所にまとまって4つ発見。

 

日も暮れてきたのでここまでにして離脱!

坑口にはたどり着けなかったけど明らかに坑道に繋がってそうなものが発見できたので満足w

近くに無料のキャンプ場が見つからなかったのですぐ近くのあかんランド丹頂の里でキャンプ。

DSC_3292

1000円もするのに芝のテントサイトは芝を狩ったあと回収をしてないので荷物を広がると枯れた芝がベタベタに張り付いて汚い・・・

トイレも汚く紙は補充されてないし・・・

ゴミは持ち帰り・・・

正直、二度と行きたくないキャンプ場だった。

併設の温泉は1000円で食事券付きだったのでまぁまぁかな。

 

とりあえず雨も降ってたので食事もそこで済ませて就寝。

 

翌朝!

起床してテントに張り付いた枯れ芝の掃除からスタートorz

 

荷物がまとまったら今度は尺別炭鉱へGO!

DSC_3295

尺別炭鉱で一番最初に目に着くのがコレ!

トロッコ列車の橋桁跡。

この左右も整地されてるだだっ広い広場になってるから鉱山住宅でもあったのかな?

 

そのあと少しいくと

DSC_3296

石碑がありました。

尺別炭鉱閉山30周年の集い参加者って書いてあります。

 

この跡直ぐに尺別給油場跡もあったんだけどちょうど取り壊し中?だったようで作業員の人がいたので写真はとってません。

その先舗装が無くなって少し行くと・・・

DSC_3298

 

坑口後?

にしては小さすぎる。

また通風口かな?

 

この先は昨日の雨でドロドロダートだったのでFZでの侵入は無理なので諦めてUターン。

 

北海道一周コースに戻って襟裳岬を目指します!

 

DSC_3303

 

変なところにトンネルが…

旧道かな?

 

DSC_3309 DSC_3311

 

黄金街道。

この道を作るのにとてつもない金額がかかってるので金を敷き詰めたような道だから?みたいな事が書いてあった。

 

そして、襟裳岬!

DSC_3318 DSC_3321 DSC_3327 DSC_3337 DSC_3340 DSC_3343 DSC_3349 DSC_3350

 

この日の襟裳岬は風が穏やかで良かったんだけど・・・

風のない襟裳岬っって観光的にはどうなんだろうかw

 

襟裳岬で休憩をしたら本日の無料キャンプ場を目指す!

 

DSC_3378 DSC_3380

 

ダートの先にあるキャンプ場!

こんなところにあるのに炊事場には照明もあってなかなか良い感じですw

キャンプサイトの脇には川が流れていてその川の対岸の岸壁には国道w

国道からめっちゃ近いのにここに来るには大きく国道を迂回&ダートをしばらく走らないといけないというなかなかな立地ですw

 

今にもくまが出そうな雰囲気のキャンプ場だが大丈夫だろうか?w

 

くまが出そうって事以外は何も不満のない良いキャンプ場でしたw

夕食にチーズリゾットを食べて就寝。

 

 

今回はここまで!

まだまだ続く廃墟観光。