ソーラー換気扇修理。

仮設トイレにつけてるソーラー換気扇が秋頃から回らなくなっていたのだが…

だんだん気温が上がってきて臭いが充満してくる時期が近づいてきたのでバラして修理を試みる事に…


分解してみると中に入っているニッカド電池が0Vでおなくなり。


ソーラーパネルは作業灯で照らした程度で1.5V発電してるので問題なさそう。
試しにアルカリ電池を突っ込むと普通に回り始めたのでニッカドバッテリーが死んでいただけだった。


ニッカドなんてもう売ってないしニッケル水素を電気屋で調達してきて修理完了。
単2の電池一本1500円近くするのな^^;
とはいえ安物よりはちゃんとしたメーカーの奴の方が寿命長そうだし…
しかし、コンデンサじゃなく充電池で動かしてるなら電池交換もっと簡単に出来るようにしておいてくれよ^^;

あんまり直ぐに死ぬようなら電池なくして起動用キャパシタだけにするのもありかもしれない…
昼間だけ動けば十分だしね。

日常, DIY

Posted by さぼてん