ヤフオクで落札した中華コンプレッサーが届いたので取ってきました!

営業所留めなのでトレーラーにフォークリフトで載せてもらい持ち帰り。

一人でなんとか代車に積み替えて…

木箱を分解してタイヤを取り付けてとりあえず完成。

コーションはこんな感じ。

 

試しに今までコンプレッサーを動かしていたコンセントに直接つないで見る。(ピット&事務所の照明と同系統)

2分6秒で止まった…と思ったらブレーカー落ちてたw

 

別の場所で単独系統のコンセントがあるのでそっちに接続して再テスト。

0から0.8までで2分30秒。

今までの39Lが0~0.8で3分だったから…充填速度で2.7倍くらいかな。

吐出量としてはかなりありそう。

そのまま圧を抜いて再充填タイムを測ろうとしたら…

20A単独系統でもブレーカーが落ちる事を確認w

これは本当に3馬力出てる感じだ。

 

30A単独環境で再テストしてみると…

0.55で再起動して0.8まで45秒。

かなりいい成績。

でも、再起動が0.55だとインパクトレンチなんかは使いにくいのでいつものカスタムを。

圧力スイッチとリリーフバルブを調整して1.0まで貯めるように変更。

 

0~1.0を測ってみると…

3分25秒。

ブレーカーも落ちることないし常用には耐えれそう。

0.75で再起動して1.0貯まるまでは50秒。

これもかなりいい感じの時間だ。

 

しかし、ベルト式で一体型のコンプレッサーよりは回転数も低くだいぶ静かなはずなんだが…

今までの超静音コンプレッサーに慣れてるから爆音に感じる…

試しに音量測定。

本体から1mくらいで91.2db

扉を閉じてピット中央部分で68.4db

 

ピット部分ではバイクが一台アイドリングしている程度の音量か…

コンプレッサーの近くではノーマルバイクの音量測定してくくらいの音量^^;

 

ちなみに、今までの静音コンプレッサーは…

かなり静か。

コンプレッサーから1mでも69.6db

扉を閉じてピット中央部分だと46.8db

46.8dbだと人の足音レベルだから事務所でテレビを見てるとコンプレッサーが回っても気づかないレベルw

 

とりあえずスペックとしては予想に反してスペック詐欺ではなさそうな事が確認出来たので満足。

あとは耐久性だけど…さすがにベルト式コンプレッサーなら中国製でもそうそう壊れることはないだろうな。

一つ問題があるのは…

単系統で30Aクラスの消費電力なもんだから同じ位相から電源を取っている店内照明がコンプレッサー作動中はかなりちらつく事…

出来れば100V30Aじゃなく200Vで15Aにしてくれると周りの機器への影響が少なくて助かるんだけどなぁ~

 

あとは、夏になってエアコンを使うとブレーカーが落ちないかが心配だなw

現状60Aのブレーカーが付いたままだけどだけど…漏電ブレーカー側が50Aだから上限50Aになっちゃうのか…?

Looopでんきで契約してるからアンペアブレーカーは撤去しても構わないし…もしブレーカー落ちることがあったらアンペアブレーカー撤去して漏電ブレーカーを変えてもらうかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。