日本一周野宿旅。北海道その6

めちゃくちゃ久々に野宿旅の続きをば

DSC_3379

前日の静かなキャンプ場を出発!

 

のんびりとした景色のなかをボケーッと走行。

(写真も取らずにボケーっとw)

とりあえず次の炭坑跡

北炭真谷へ。

ネットの情報でも大型建造物は数年前に撤去されたって書いてあったんでなんもありません!

とりあえず何か巨大な建物がここにあったということだけはわかるけども。

DSC_3388DSC_3390

 

続いて、廃墟が公園化されている幌内炭鉱へ

 

鉄道公園(?)の横を通過して舗装路が切れた先の砂利道を少しすすむとポツポツとそれらしいものが見えてきます!

(鉄道公園の線路はそのまま炭鉱へつながってるっぽい)

DSC_3392 DSC_3394 DSC_3397 DSC_3400

 

 

少し先に進むと変電所跡がありその前の広場に車が止めれます。

DSC_3406 DSC_3401 DSC_3402 DSC_3404 DSC_3407

公園化されてるとは言っても閉山後かなりの時間がたってから公園化されたのでなかなかの味が出てます。

完璧な状態で保存されてるものよりも好きですw

DSC_3409 DSC_3418 DSC_3420

 

ところどころに説明書きがたってます。

 

DSC_3416 DSC_3422 DSC_3428

 

坑道から大量に溢れ出てくる水が今もパイプの中をちゃんと通ってます。

DSC_3424 DSC_3431 DSC_3442

 

蓋をされた坑口達

DSC_3437 DSC_3439

 

鉱山には神社がつきもの

 

 

 

DSC_3457

 

木製トロッコ

DSC_3444 DSC_3466 DSC_3470

 

DSC_3471

クレーンの立ってた基礎だそうな

DSC_3435

公園化されてる割にこんなふうに構造物の上に乗れるようになってたりしますw

足元に大穴開いてたりするんで危ないけどw

ひと通り見て回った所で日も暮れてきたので本日宿探し。

 

地図で調べてあたりをつけたらダッシュ!

またまた未舗装の山道&砂利道を登って行って公園の駐車場に到着。

園内マップをみてみると・・・

車両乗入れ禁止&キャンプサイトがめっちゃ遠い∑(゚Д゚)ガーン

 

せっかく苦労して登ってきた道を戻ります・・・

途中車と遭遇して下りダートの中を押してバック・・・

 

次はちょっと住宅街近くの公園にキャンプOKの公園があったので移動。

北村ふれあい公園というところでテント貼りました~

無料で公園の真横は温泉施設!

655164512

しかもこんな綺麗な炊事場付き!

自分の中で無料キャンプ場ほど施設が良いルールが確立されつつあるw

 

温泉で温まったあとは休憩室でちょっと新聞を読んでからテントで飯!

 

翌日も炭鉱へw

何炭鉱だったか忘れましたorz

DSC_3474 DSC_3476

住宅の横にぽかんと口があいてますw

私有地なので望遠撮影のみ。

これは坑口なのか?さすがに不用心すぎるから施設の入り口だと思うけどw

このコンクリの塊の上にいける道があったので突入。

DSC_3495 DSC_3478 DSC_3480 DSC_3483 DSC_3487 DSC_3491

とにかく巨大な平地が広がってました~

 

続いて、現在炭鉱周りの公園化工事がされてる奔別炭鉱へ!

DSC_3517 DSC_3509 DSC_3510 DSC_3515

DSC_3507 DSC_3499

 

採石場か何かへ向かうダート道を登ると煙突のつぐ近くまで行けます。

 

続いても現在私有地となってるけど坑口がそのまま残ってるという場所へ!

っと、その途中に

DSC_3530

 

いい景色が見えたので記念撮影w

 

そして!

655666824

 

キツネ写真ゲット!

一眼出す余裕はなかったのでスマホ撮影w

 

DSC_3537 DSC_3541

 

とりあえず目的地にはついたけど車道が整備されてて車で直接目の前にいけるような状態でただのトンネルにしか見えなかったw

 

日も暮れてきたので宿探し。

登山道の入口にある小学校の校庭跡をそのままキャンプ場にした場所へ

DSC_3546 DSC_3547 DSC_3548

 

校庭跡だけあっってキャンプ場の中にテニスコートがありますw

芝が育ちすぎていてテントを貼りにくいのでテニスコートにテント設営。

655721805

テニスコートの周りのポールに紐を張って洗濯物干して就寝w

 

今回はこんなもんでやめとこう!

此処から先どんどん風景写真が減っていくw