三脚買った。

ガレージ日記が終わった途端、ブログの更新を忘れたさぼてんです。

未だ野宿ツーリングの日記は半分程度しか書けてませんがw

 

今回はカメラの三脚を買ったのでそのレビュー?的なものを。

 

現在、自分の持ってるデジカメはNikonのD90というデジタル一眼レフだけでレンズも18-200という望遠しかありません。

前のコンデジが壊れた時に勢い半分で買ったもののけっこう気に入っていますw

ただ、かさばるんでほとんど持ち歩けずに居るのが現状ですが・・・

 

カメラ本体が嵩張るのは仕方ない事として・・・

いつも問題になるのは三脚なのです!

 

今まで持ってた三脚がこちら。

1

 

上からVelbon、King、Kingです。

 

VelbonはCX-444というのでデジタル一眼を買った時に慌てて買ったもので安物ですが使い勝手自体はいいので今一番使ってます。

ただし、めちゃくちゃでかい・・・

もちろんバイクツーリングでは持っていく事すら困難。

車で移動するときも背負って運ぶサイズのものなので

「この先で記念撮影するような場所あるかな?」

と思ってもこんなもの担いで歩いていたら正直気が引けますw

 

結果的に三脚を持ち歩かずに居て記念写真すら取れないという事にいつもなりますw

(野宿ツーリング前半では北海道でごろ寝写真を取るという目的のためにこの三脚を持って行きましたw)

 

次に出番が有るのが2番めのKing・・・

自分で買ったものじゃないので型番とかは全くわかりません。

中学時代や小学時代にフィルムの一眼をけっこう触っていたのでその頃からニコマートとセットで親から借りて使ってたりしたもの。

おそらく数十年ものw

バイクツーリングの時は風さえなければ集合写真の撮影程度には使えるので持ってます。

 

ただし、荷重が完全にオーバーなのでカメラを縦向き固定はできません。

 

3つ目のKingは・・・コンパクトカメラ時代に使ってたもので・・・

正直今は使えませんw

恐ろしくて一眼なんかのせれませんw

元々、祖父が写真コンテストで貰ったけど使いようが無いからと言ってもらったものw

2

 

伸ばすとこんな感じ。

 

ほとんどカメラ自体持ち歩かない自分が本格的三脚とカメラを使うのは毎年見に行ってる長岡と諏訪湖の花火大会の時くらいですw

 

諏訪湖は毎年車で行くのでCX-444を持っていきます。

カメラをローアングル&縦固定で使える唯一の三脚なので選択肢はありません。

 

問題は長岡。

毎年電車で行くので三脚を持って行くにはかさばり過ぎる・・・

ということで足元に荷物を積み上げてそれにカメラを置いてレリーズのみで撮影という方法でしたw

当然、まともに映らない事も多々・・・

去年はそれが面倒になって、ついにカメラすら持って行かなかったくらい(

 

今年こそは長岡も写真に収めたいと思いコンパクトで尚且つカメラを縦向き&ローアングル固定可能な三脚をゲットしました!

 

VelbonのULTRA LUXi mini Ⅲ

Amazonで購入。

3

 

4

 

収納袋付きです。

 

5

 

本体サイズはこんな感じ。

太さはそこそこあるものの長さは20cmちょっととカバンの奥にしまえるレベル。

一番低くカメラをセットするとこんな感じ。

6

 

まぁここまで低くして使う事はまずないきがする。

7

 

一番高くするとこんな感じ。

60cm以上になるので花火大会では後方の邪魔になる事もあるのでここまで伸びれば花火大会では十分?

8

 

足の角度は3段階。

真ん中の角度にすればかなり安定感も上がって良い感じ。

9

 

この三脚のいいところは足が横に伸ばせるのでローアングルでもカメラを縦向き使用が出来ること。

 

コンパクトな三脚のほとんどが足を開いた時の幅が足りずにローアングルでカメラを倒すと自立不可能で花火を取るのにコンパクトな三脚が使えない最大の弱点となってたのがコレで克服出来ますw

そのぶん高いんだけどね・・・

 

ちなみに、いじってる間に思いついたんだけど延長のロッドを外して雲台を下から差し込めば更にコンパクトにしまうことが出来ましたw

使う度にバラさないとダメだから不便かもしれないけどw

10 5

とりあえず今年の長岡花火はコレで行ってみようと思う。

ひとつだけ気になってるのは雲台が自由雲台な事・・・

どんな角度にも固定出来るのはいいけれど花火を取るには縦横を大急ぎで切り替える事が多いのでその度にネジを力いっぱい閉めないと徐々に動く危険性がある自由雲台には不安が・・・

3Wayが安くあれば交換しておこうかな~

 

物欲はいつまでも収まらないのであった。