レッツのクランクベアリング交換中。

クランクを旋盤に乗っけて測ってみると振れは0.015mm。

十分そのままで再利用出来るんだけど、クランクウェブが広がる方向だったから、なんとなくバイスで挟んで閉じてみたら…

なんと1周で0.004mmに…振れは0.002mm。

極上クランクシャフトが出来上がってしまったw

でもレッツなんだよな~これ…

自分のDFエンジンでこんな感じに仕上がればいいけど…DF計画は全く進んでないけどね…

旋盤でクランクシャフトを掴むのはやっぱり原付きが精一杯だな。

箱定盤ほしいな~

 

ところで、なんでレッツのクランクベアリング…片側しか部品設定ないの…

まぁ純正部品はないけど汎用ベアリングで修理するけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください