デリボーイ壊れた! | Hobby Room of Cactus

先日冷え込んだ日からエンジンをかけて30秒くらいすると一度ストールするようになってたデリボーイ。

エンジンルームを覗いたらタイマカバーから軽油もれしてたのでタイマカバーを外そうとしたけれど全くボルトが緩まず車上整備を断念…

 

ついでにフューエルフィルターの水抜きをしてプライミングポンプを押してみたところ…

プライミングポンプからダダ漏れに!

前からプライミングポンプはほぼ死んでいたけれどついに完全に死亡…

最近のエンジンの不調の原因はこいつだったのね…

エンジンを止めるとプライミングポンプから燃料経路にエアが混入。

エンジン始動時は噴射ポンプ内の燃料がなくなるまで動いた後にガス欠…

その間に燃料パイプ内のエアは全部噴射ポンプに回ってるので、次セルを回すと直ぐに燃料が回って再始動…

って感じか…

店に頭突っ込んだ状態で動かなくなってしまったデリボーイはとりあえず押し出してシャッター前に放置。

翌日、車屋でパーツを発注したけれど納期が3~4日かかるということでいつもの部品取り車からパーツを借りてきてその場しのぎ…

ボルト2本とホース2本繋ぐだけの交換なので2~3分で完了。

めっちゃボロい部品取り車だったけどプライミングポンプは無事だった!

ポンプの感触が今までのと全く違うw

ひたすらポンプして噴射ポンプに燃料が回ったのを確認したらセルを回して一発始動!

 

とりあえず、部品が入るまではコレで凌げる…

でも、コレも当時物のポンプで何時死ぬかわからないのでお金はかかるけど部品が揃い次第新品に交換だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください