春にマスターシリンダーを左右ともNISSINラジアルポンプに交換したFZ6

交換時から気づいては居たのだけど…

ラジポンのレバーはだいぶ前にせり出しているので今まで使っていた愛用のハンドウォーマーが取り付けできなくなってしまった^^;

これがないとせっかくのハンドルバー内蔵グリップヒーターの効果が激減してしまう!

安物だけど、ポケットつきでなかなか重宝シていたのだけど残念(´・ω・`)

レバーを外してかぶせてから中でレバーを取り付ければ使えないこともないと思うけど…そんなめんどくさい事はしたくないので…

ネットで情報を収集しつつラジポン装着車でも使えそうなハンドウォーマーを新たに購入。

ねっとの触れ込みだとなかなか評判がいいのでROUGH&ROADの物を購入。

更に、以前から対策しようと思いつつずっと放置だったハンドウォーマーが風圧でレバーを押してしまう問題も解決しようと…

Amazonで安物レバーガードも購入。

FZ6のバーエンドはM16-P1.5で固定されていて中のナットを取り外す事が出来ないのでRIZOMAのバーエンド用M6アダプターも購入。

ちゃちゃっと取り付けちゃってこんな感じ。

更にハンドウォーマーを取り付けてこんな感じ…

ハンドウォーマーが今までよりも一回り大きいからかなり幅が広くなった気がするな…

ノーマルバーエンドがだいぶ長いからレバーガード自体は車幅はほぼ変化していないと思うんだけどw

外したノーマルバーエンドの重さを測ってみると306g…

片側300gずつのウエイトが無くなっちゃうから、多分ハンドルの振動は増えるだろうな…

振動はそこまで気にしないんだけど…

ヤジロベエ効果?も無くなっちゃうからパニアケースに荷物満載するとハンドルがふらつくようになってしまう方が心配だ。

もし、あまりに酷いようならなんとかしてウエイトを付ける事も考えようかな。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。